So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
-| 2012年01月 |2012年02月 ブログトップ

医学博士も推薦するアトピー克服法 ハピネス [医学博士も推薦するアトピー克服法]

医学博士も推薦するアトピー克服法

医学博士も推薦するアトピー克服法|アトピー地獄からの脱出!



例え貴方が、薬を一日も手放すことが出来ない
重症のアトピーであっても!


全身が痒くて、毎晩シーツが血だらけになる程掻きむしり、
夜も眠られない程のアトピーであっても!


貴方が、アトピーに対する、間違った既成概念を捨てて、


これからわたしが教える、アトピーを克服する為の方法を、
真剣に受け止めて、それを実践して頂ければ、


大きなリバウンドで苦しむこともなく、
アトピーを克服する事ができます。


そう、貴方と同じように、
実際にアトピーで苦しんでいた数多くの方々が、


次々とアトピーを克服していったように・・・・







はじめまして、わたしは高橋健介と申します。


実は、わたしも以前は皮膚科の先生から、
「貴方のアトピーは、一生治らない。」と言われる程の重症のアトピーでした。
アトピー完治


こうしてわたしの写真を見ていただくと、
「いったいどこがアトピーだったの?形跡すら無いじゃないですか!」
と思われるかもしれませんが、


実は、以前のわたしの顔はいつも真っ赤で、パンパンに腫れ上がっていて、
本当に酷い状態でした。


自分でも、よくここまで、
何の形跡すらも無くなる程に完治したものだと、感心しています。


本当は、そのときの酷い状態を貴方にもお見せできれば良かったと思うのですが、


あの頃は、本当に辛くて恥ずかしくて、
まともに顔を上げて外も歩けないくらいに、コンプレックスを感じていましたから、


自分の酷い顔を写真に写す何てことは、まったく考えられませんでした。







わたしの場合は、高校生の頃 、
おでこに出来た吹き出物が気になって、皮膚科へ行ったのが始まりでした。


「塗り薬を出しておきますから、これを塗って様子を見てみて下さい。」と言われ、
皮膚科から出された薬を塗ると、おでこの赤みも、痒みも、直ぐに消えてしまいました。


しかし、それから10日も経たないうちに、
また赤く腫れて痒くなってきたので、また同じ薬を塗って・・・


その繰り返しで、再び皮膚科へ行くと、


「もう少し強い薬を出しておきますから、またこれを塗って様子を見てみて下さい。」と・・・


それから約7年間、幾つもの病院を訪ね、
中には、皮膚科の権威として有名な先生に診てもらったこともあります。


そして気がつくと、
一日たりともステロイドを手放せない、重症のアトピー患者になっていました。


そして、そのステロイドさえもだんだんと効かなくなってきて、


いつも、ひび割れた皮膚を掻きむしり、
夜になると痒みで眠ることも出来ずに、シーツや枕を、血膿で汚してしまうような毎日でした。


そして、恥ずかしさと辛さで、うつ状態に落ち込み、
「このまま一生、薬漬けで、廃人になっていくしかないのだろうか。」
と、絶望的な気持ちになっていた頃に、


ある一冊の本と出会ったことがきっかけで、それまでの、アトピーに対する認識や治療方法が、
「根本的に間違っていたのでは無いか」と言うことに、気がついたのです。


>>更に詳しい内容はこちらから








共通テーマ:健康

-|2012年01月 |2012年02月 ブログトップ
美肌・美白 ニキビの治し方 ニキビケア方法 敏感肌のための、本当に正しいニキビケア 敏感肌のための、本当に正しいニキビケア 敏感肌のための、本当に正しいニキビケア

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。